コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗癌剤(読み)こうがんざい(英語表記)anticancer agent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗癌剤
こうがんざい
anticancer agent

癌細胞に作用して殺す薬品の総称。作用機序から,化学療法剤と免疫療法剤に大別される。化学療法剤のカテゴリーには,アルキル化剤代謝拮抗剤抗生物質,植物アルカロイド,ホルモン療法剤などがある。一方,免疫療法剤には,インターフェロン,溶連菌製剤 (ピシバニール) ,サルノコシカケ抽出物 (クレスチン) などがある。癌細胞と正常細胞の質的な差が小さいため,癌に対する特効薬と呼べる薬剤はいまだ存在しないが,放射線療法など他の治療法との組み合わせ (集学療法) や多剤併用などにより,白血病,小細胞肺癌など,一部の癌では成果が上がっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の抗癌剤の言及

【制癌薬】より

…制癌剤または抗癌剤ともいう。基礎的検討を経た薬剤で,患者に使用したとき,癌の増殖が抑えられ,一定の効果判定規準に従って有効と判断されるものをいう。…

※「抗癌剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗癌剤の関連情報