コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GOES ゴーズGOES

翻訳|GOES

1件 の用語解説(GOESの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゴーズ【GOES】[Geostationary Operational Environmental Satellite]

Geostationary Operational Environmental Satellite》米国の静止実用気象衛星

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のGOESの言及

【気象衛星】より

…このほかに中高度気象衛星として軍用気象衛星DMSP(defence meteorological satellite programの略)もある。 静止気象衛星は,ATS(application technology systemの略)1号(1966)と3号(1967)で実験が行われ,実用静止気象衛星計画SMS/GOES(ゴーズ)計画に発展した。SMS(synchronous meteorological satelliteの略)は1974年に1号が打ち上げられ,2号まではSMS/GOES(geostationary operational environmental satellite,略してGOES)と呼ばれていたが,3番目の衛星(1975)をGOES1号とし,以後連続番号をつけている。…

※「GOES」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

GOESの関連キーワード静止軌道向日葵

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

GOESの関連情報