コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひまわり ヒマワリ

デジタル大辞泉の解説

ひまわり[人工衛星]

日本の気象衛星の愛称。昭和52年(1977)打ち上げの1号から平成7年(1995)打ち上げの5号まではGMSGeostationary Meteorological Satellite)、平成17年(2005)打ち上げの6号以降はMTSAT(エムティーサット)(Multi-functional Transport Satellite)が正式名称。

ひ‐まわり〔‐まはり〕【向葵/日回り】

キク科の一年草。高さ約2メートル。茎は太くて直立し、長い柄をもつ大きな心臓形の葉が互生する。夏、周囲が鮮黄色、中央が褐色の大きな頭状花を横向きに開く。花は太陽の方を向き、その動きにつれて回るといわれるが、それほど動かない。種子は食用や採油用。北アメリカの原産。サンフラワー。ソレイユ。日輪草。ひぐるま。 夏》「―に天よりも地の夕焼くる/誓子
弁護士記章の通称。天秤(てんびん)の周囲をヒマワリの花弁が取り巻くデザインであることから。→秋霜烈日
[補説]人工衛星は別項。→ひまわり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひまわり【向日葵】

キク科の大形一年草。北アメリカ原産。茎は直立し、高さ2メートル 内外。葉は心臓形。夏、茎頂に径20センチメートルほどの黄色の頭花をつける。種子は食用とし、また油を採る。花は太陽の動きにつれて回るといわれるが、それほど動かない。日輪にちりん草。日車ひぐるま草。日回り草。 [季] 夏。 《 -がすきで狂ひて死にし画家 /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

向日葵 (ヒマワリ)

学名:Helianthus annuus
植物。キク科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

ひまわりの関連キーワードソク・ユンギ(石潤基)MISATOサンフラワー泉関奈津子横井 礼以宮崎向日葵三橋 鷹女前田夕暮道尾秀介別所哲也野村克也小池亮介南 美江ソレイユ加藤忠男金谷雄將西野洋介高崎二郎向日葵色二階堂智

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひまわりの関連情報