コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひまわり ヒマワリ

3件 の用語解説(ひまわりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひまわり[人工衛星]

日本の気象衛星の愛称。昭和52年(1977)打ち上げの1号から平成7年(1995)打ち上げの5号まではGMS(Geostationary Meteorological Satellite)、平成17年(2005)打ち上げの6号以降はMTSAT(エムティーサット)(Multi-functional Transport Satellite)が正式名称。

ひ‐まわり〔‐まはり〕【向葵/日回り】

キク科の一年草。高さ約2メートル。茎は太くて直立し、長い柄をもつ大きな心臓形の葉が互生する。夏、周囲が鮮黄色、中央が褐色の大きな頭状花を横向きに開く。花は太陽の方を向き、その動きにつれて回るといわれるが、それほど動かない。種子は食用や採油用。北アメリカの原産。サンフラワー。ソレイユ。日輪草。ひぐるま。 夏》「―に天よりも地の夕焼くる/誓子
弁護士記章の通称。天秤(てんびん)の周囲をヒマワリの花弁が取り巻くデザインであることから。→秋霜烈日
[補説]人工衛星は別項。→ひまわり

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひまわり【向日葵】

キク科の大形一年草。北アメリカ原産。茎は直立し、高さ2メートル 内外。葉は心臓形。夏、茎頂に径20センチメートルほどの黄色の頭花をつける。種子は食用とし、また油を採る。花は太陽の動きにつれて回るといわれるが、それほど動かない。日輪にちりん草。日車ひぐるま草。日回り草。 [季] 夏。 《 -がすきで狂ひて死にし画家 /虚子 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひまわりの関連キーワードITOS気象衛星静止衛星TIROS静止気象衛星海洋観測衛星打上げOSCARCORSA人間衛星

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ひまわりの関連情報