コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Gerard of Cremona GerardofCremona

世界大百科事典内のGerard of Cremonaの言及

【アルマゲスト】より

…もともとの標題は《数学的集大成Mathēmatikē syntaxis》とされていたが,後代の人々が尊称の意味で付した〈最大のmegistē〉という形容表現がそのまま残り,イスラム世界へ入って冠詞alを付された標題《almajistī》で翻訳された(8世紀末が最初といわれ,のちイブン・ユースフ,イスハーク・ブン・フナイン,サービト・ブン・クッラらのものが現れた)。12世紀にラテン世界に紹介(1175年のクレモナのジェラルドGerard of Cremona(1114ころ‐87)によるものが著名)されたときも,標題はラテン語の《Almagestum》であった。周転円,離心円,擬心(エカントequant)などのしかけを使った体系は,天体現象を記述する数学的モデルとしてはきわめて精緻(せいち)である。…

※「Gerard of Cremona」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Gerard of Cremonaの関連キーワードクレモナ大聖堂カステルヌオーボゲラルド[クレモナの]ネーターミーナ勇将ジェラールの回想勇将ジェラールの冒険イェール超銀河団パピュス

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android