コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステルヌオーボ Guido Castelnuovo

世界大百科事典 第2版の解説

カステルヌオーボ【Guido Castelnuovo】

1865‐1952
イタリアの数学者。パドバ大学を1886年に卒業し,1年間ローマ大学で過ごした後トリノ大学へ移り,91年にローマ大学へ移った。その後ローマの学士院Accademia Nazionale dei Linceiの会長に選ばれ,終生その地位にあった。数学上の重要な業績は代数幾何学にあり,先輩クレモナLuigi Cremona(1830‐1903),同時代のセグレCorrado Segre(1863‐1924),F.エンリケス,後輩のF.セベリらとともに曲面論を中心として代数幾何学の深い理論を築いたので,これらの人々およびその周辺の代数幾何学者のグループイタリア学派と呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カステルヌオーボの関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係