コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネーター ネーター Noether, Amalie Emmy

6件 の用語解説(ネーターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネーター
ネーター
Noether, Amalie Emmy

[生]1882.3.23. エルランゲン
[没]1935.4.14. ペンシルバニア,ブリンマー
20世紀の抽象代数学の発展に大きく貢献したドイツの女性数学者。父 M.ネーターはエルランゲン大学教授,代数幾何の専門家。その第1子に生れ,3人の兄弟の2人は,それぞれ化学者,物理学者

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ネーター

ドイツの女流数学者。幾何学者Max Noether〔1844-1921〕の娘としてエルランゲンに生まれ,1922年ゲッティンゲン大学教授,1933年ナチス政権確立とともに米国へのがれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ネーター【Amalie Emmy Noether】

1882‐1935
ドイツの数学者。エルランゲンでM.ネーターの子として生まれた。当時大学では女性差別があり,初めエルランゲン大学で数学と語学の聴講生になり,1903年にはゲッティンゲン大学に移り数学の聴講を始めたが,04年に正規の学生として認められ,07年に学位を得た。しかし,女性差別のためなかなか教職にはつけず,ヒルベルトが無給で雇うことを提案しても実現しなかった。ようやく22年に非公式準教授として教えることができるようになった。

ネーター【Max Noether】

1844‐1921
ドイツの数学者。マンハイムの商人の子として生まれ育ったが,14歳のとき小児麻痺にかかり,以後その後遺症で歩行困難になった。ギムナジウムの教科内容は在宅のまま教わったが,その後独学で大学レベルの数学を勉強した。1865年にハイデルベルク大学に入り,68年に学位を得,74年に準教授,翌年準教授としてエルランゲン大学に移り,88年に正教授となり,1919年に退職,名誉教授となった。ネーターは,N.H.アーベルやG.F.リーマン代数関数論と,J.プリッカー,A.ケーリーらの代数曲線論とを基礎にして代数幾何学を築いたのであり,クレモナL.Cremona(1830‐1903)の影響を受け,また,逆にいわゆるG.カステルヌオーボ,F.セベリなどのイタリア学派に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ネーター【Amalie Emmy Noether】

1882~1935) ドイツの数学者。代数曲線論で知られるマックス=ネーター(Max N.1844~1921)の娘。抽象代数学、特に環論の創設で著名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネーター
ねーたー
Amalie Emmy Noether
(1882―1935)

ドイツの数学者。代数曲線論で知られるマックスMax Noether(1844―1921)を父としてエルランゲンに生まれる。初め、父の友人ゴルダンPaul Gordan(1837―1912)に不変式論を学んだ。1915年ゲッティンゲンに移り、ヒルベルトの下で研究を始めた。まず可換環において、イデアルの基底定理を約鎖律にいいかえ、その下で準素イデアルへの分解とその一意性について調べた。約鎖律とは極大条件にほかならず、今日、極大条件を満たす環をネーター環とよぶ由来はここにある。ついでデーデキント環の公理的建設を成し遂げたが、これにあたっては約鎖律のほかに倍鎖律を入れ、かつ整閉性の概念を導入した。判別式の研究では局所的考察を有効に取り入れたが、この研究で可換環から非可換環への転機がなされたと思われる。
 ネーターの真骨頂、抽象代数学の真価は非可換環論にあり、群環を含む準単純環の理論の完成にある。すなわち、単純環Aは斜体Dにおける完全行列環に同形になること、単純環をそのDによって分類して得る類がテンソル積の下で群(Brauer群)をつくること、それから単純環の分解概念へ、そしてガロア接合積へ、ひいては因子団の概念へと導いていった内容は、多彩で、その抽象的手法は鮮やかであった。しかもこの結果は整数論とも深く関連し、のちにこれが類体のコホモロジー論化へ導く転機を与えることになった。そして彼女の学風は全数学の抽象化に強い影響を及ぼした。これらの研究は、彼女の下に集った若い数学者、正田建次郎やファン・デル・ワールデンBartel Leendert van der Waerden(1903―1996)、あるいはアルティンE. Artin(1898―1962)、ブラウアーRichard Dagobert Brauer(1901―1977)、H・ハッセらとの討論の下で行われた。1933年、ユダヤ人の彼女はナチスの迫害を逃れてアメリカに渡り、1935年、病を得て客死した。[秋月康夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のネーターの言及

【数学】より

…それはユークリッド空間を無限次元に拡張したもので,解析学の各方面に応用される。 1920年代のヨーロッパは二つの戦争の間にあり政治的には不安定であったが,ワイマール政府の下のドイツのゲッティンゲン大学には,ヒルベルトとともにE.ネーターが活躍し,抽象代数学の研究の中心となった。同じころポーランドにはS.バナッハらがいて位相数学(トポロジー)が盛んに研究された。…

【代数幾何学】より

…上の例ではyaxu2v2=1の種数は0であり,u2v3+1の種数は1である。 リーマンの考察は解析的であったが,彼の理論を代数的,幾何学的に再構成し,代数曲線論と呼ぶのにふさわしくしたのはM.ネーターであった。ネーターはさらに代数曲面をも考察し,彼の研究はF.エンリケス,G.カステルヌオーボらのイタリア学派に引き継がれ,20世紀前半に代数曲面論が建設された。…

※「ネーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネーターの関連キーワードカントルカンナビヒグラスマングリムゴルトシュミットベルンハイム統一ドイツワイカースハイムマックス・フォン・オッペンハイム男爵ハイデンハイム・オペラ・フェスティバル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネーターの関連情報