コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Gordon,A.L. GordonAL

世界大百科事典内のGordon,A.L.の言及

【オーストラリア】より

…私立校もカリキュラムは州のシステムに従う。【越智 道雄】
【文化】

[文学]
 詩では,オーストラリア生れのハーパーCharles Harpur(1813‐68),ケンドルHenry Kendall(1839‐82),ゴードンAdam Lindsay Gordon(1833‐70)らが,新世界の素材をイギリス・ロマン派あるいはラファエル前派など旧世界の手法で表現し始めた。1880年文芸紙《ザ・ブレティン》の発刊とともに,これが核となって辺境開拓の苦労から生まれたエートスであるメートシップに表現を与えようとする文化ナショナリズム(写実主体)が芽生えた。…

※「Gordon,A.L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Gordon,A.L.の関連キーワード身体図式ムンク(Walter Heinrich Munk)ゴードンベル賞Intelトム・ゴードンに恋した少女セッター[種]オルポートクレイグコナーセッター

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android