コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Grey,W.T. GreyWT

世界大百科事典内のGrey,W.T.の言及

【ホッケー】より

…97年現在,FIH加盟国は120を数える。
[日本]
 1905年,アイルランドのダブリン大学の選手経験をもつグレーWilliam T.Grey(1875‐1968)が東京・飯倉の聖アンデレ教会司祭として来日,慶応義塾大学の学生を指導し,06年慶応ホッケー俱楽部(クラブ)が創立された。同クラブは翌07年に横浜外人クラブと試合をするなどしたが,孤軍奮闘の歴史が続き,22年になってようやく陸軍戸山学校がホッケーを受け入れた。…

※「Grey,W.T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Grey,W.T.の関連キーワード板状軟氷ダーラム(1st Earl of Durham John George Lambton)データベース消費グレー湖乾性土壌ペドカル灰色泥甲斐田裕子安斉一博嘘に抱かれた女