コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペドカル(英語表記)pedocal

岩石学辞典の解説

ペドカル

雨量の少ない乾燥地域によく発達する土壌で,この土壌断面に炭酸カルシウムおよび炭酸マグネシウムなどの炭酸塩が集積した層位が発達している土壌を一括してペドカルと呼ぶ.例えばチェルノゼム(chernozem),栗色土(chestnut earth),褐色灰色砂漠土(brown and grey desert soil),灰色土(sierozem)などがある.炭酸塩の濃集した層位の深さは降雨の程度によっている.降雨量が多いと深くなり,湿潤な地域の排水が良い土壌ではこの層は欠如している[Marlbut : 1928, Olier : 1969].pedosは土壌を,calはカルシウムの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android