コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペドカル pedocal

1件 の用語解説(ペドカルの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ペドカル

雨量の少ない乾燥地域によく発達する土壌で,この土壌断面炭酸カルシウムおよび炭酸マグネシウムなどの炭酸塩が集積した層位が発達している土壌を一括してペドカルと呼ぶ.例えばチェルノゼム(chernozem),栗色土(chestnut earth),褐色灰色砂漠土(brown and grey desert soil),灰色土(sierozem)などがある.炭酸塩の濃集した層位の深さは降雨の程度によっている.降雨量が多いと深くなり,湿潤な地域の排水が良い土壌ではこの層は欠如している[Marlbut : 1928, Olier : 1969].pedosは土壌を,calはカルシウムの意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペドカルの関連キーワード乾燥地形栗色土砂漠砂漠土インセプティソル乾性土壌乾燥地土壌寒帯砂漠土壌シフティング土壌熱成土壌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペドカルの関連情報