コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾性土壌 かんせいどじょうarid soil

岩石学辞典の解説

乾性土壌

年間降雨量が25cmよりも少ない乾燥または半乾燥気候の影響下で形成された土壌の一般名.この中にはチェルノゼム(chernozem),栗色土(chestnut earth),灰色土(grey desert),塩類土(saline soil),アルカリ性土壌(alkaline soil)などが含まれる[Ramann : 1911, Robinson : 1936, Jenny : 1941].降水が地表から蒸発する量は気温に関係するので,乾燥気候は降水量のみでは決まらない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

乾性土壌の関連キーワード乾燥土

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android