Hadley,J.(英語表記)HadleyJ

世界大百科事典内のHadley,J.の言及

【八分儀】より

六分儀と同じ光学原理に基づき使い方も同じであるが,目盛環は円周の1/8で視準は肉眼で行った。八分儀はハドリーの象限儀ともいわれ,イギリスの数学者ハドリーJ.Hadley(1682‐1744)の考案になる。八分儀は六分儀の先駆となったが,より精巧な六分儀が普及した。…

※「Hadley,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android