コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドレー はどれーGeorge Hadley

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハドレー
はどれー
George Hadley
(1685―1744)

イギリスの物理学者、気象学者。ロンドンで生まれる。初めオックスフォード大学で法学を修め、卒業後ロンドンに法律事務所を開いた。王立学会のさまざまな学者と交わり多方面の問題に興味をもつようになったが、1735年に書いた「一般貿易風の原因について」は大気大循環論のはしりともいうべき重要な論文で、現在でも熱帯の貿易帯の循環は「ハドレー循環」の名でよばれている。大循環の原因を、〔1〕赤道地方と極地方の気温差、〔2〕地球自転の影響、の二つであると考えたが、これは現代でも通用する卓見である。なお、兄のジョンJohn Hadley(1682―1744)は六分儀の考案者として知られる。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハドレーの関連キーワードジョン ホートンバーネットの戦いはちぶんぎ座大気の大循環交通経済学大洋高気圧ハドリー高層大気熱帯気候ライアン根本順吉航海術ミード

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハドレーの関連情報