コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドレー循環 ハドレーじゅんかん Hadley circulation

2件 の用語解説(ハドレー循環の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハドレー循環
ハドレーじゅんかん
Hadley circulation

熱帯亜熱帯における対流圏の南北直接循環。赤道付近の熱帯収束帯で上昇した空気はその極側にある亜熱帯高圧帯で下降し,熱帯で暖められた空気が亜熱帯付近にまで運ばれる。大気下層では熱帯収束帯で収束する風にコリオリの力が働くため,北半球では北東貿易風,南半球では南東貿易風となって地上と上層の収支が合っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

ハドレー循環【Hadley circulation】

貿易風の説明として,ハドレー(G. Hadley)によって提案された大気循環機構.緯度線方向に一様な直接熱循環である.両半球において,緯度約30° と赤道の間を赤道方向に吹く貿易風と,赤道付近での上昇流,上空での極方向風,緯度約30° 付近における下降風からなる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハドレー循環の関連キーワード亜熱帯亜熱帯気候亜熱帯高圧帯熱帯湖偏東風亜熱帯高気圧亜熱帯植物亜熱帯林やんばる亜熱帯園亜熱帯前線

ハドレー循環の関連情報