コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大気大循環 たいきだいじゅんかん general circulation of the atmosphere

6件 の用語解説(大気大循環の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大気大循環
たいきだいじゅんかん
general circulation of the atmosphere

地球上における大気の大規模な循環運動。極と赤道,海洋と大陸の間などで起こる。地球を取り巻く空気(大気)は,太陽から受ける熱エネルギー量の違いから北極や南極地方を冷源,赤道や熱帯を熱源とする三次元構造と,地球の自転によるコリオリの力北半球では進行方向に右向き南半球では左向き)によって,赤道付近の熱エネルギーを極地方へ運んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいき‐だいじゅんかん〔‐ダイジユンクワン〕【大気大循環】

全地球的な規模の大気の循環。高温の赤道付近と低温の極付近との間に大規模な熱対流が起こり、それに地球の自転が影響するため三つの対流に分かれ、これらが地表付近で風として吹くとき、貿易風偏西風偏東風となる。大気環流

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大気大循環【たいきだいじゅんかん】

大気環流とも。太陽の熱作用,地球の自転の影響などによって大気が全地球的な規模で一定の循環・混合を続けている現象。古典的な循環論は対流説ともいわれ,赤道近くの高温域と極付近の低温域の間に起こる大気の対流を考え,それに地球の自転の影響が及んで偏西風や貿易風などのような東西流ができ,地上の平均的な風系がこれによって維持されると考えた。
→関連項目気象衛星ジェット気流中緯度高圧帯偏西風帯

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいきだいじゅんかん【大気大循環 general circulation of the atmosphere】

全球的な規模でくりひろげられる大規模な大気運動のこと。普通は地球上の大気運動を指すが,他の惑星上の大気運動についていうこともある。大気運動は風速の東西成分,南北成分,鉛直成分によって表される。これらの成分はさらに,帯状平均(緯度線に沿ってとられた平均)とそれからのずれに分解できる。ずれの部分によって表される運動は大気じょう乱によるものである。帯状平均の南北成分と鉛直成分の合成によって得られる運動は子午面内の平均的な循環を表し,これを平均子午面循環という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいきだいじゅんかん【大気大循環】

全地球的規模での大気の運動。大気環流。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大気大循環
たいきだいじゅんかん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大気大循環の言及

【惑星】より

…太陽の万有引力に引かれてその周囲を楕円運動する天体群。遊星とも呼ばれる。内側から水星,金星,地球,火星,木星,土星,天王星,海王星,冥王星の9個があり,その多くは衛星をもつ。また火星と木星の間には数多くの小惑星があり,惑星に集積し切れなかったなごりの物体群と考えられている。水星,金星,火星,木星,土星の5惑星は太陽と月を除けば天空で恒常的にもっとも明るい天体であるから,太古より人類の生活に暦,占星術の形で取り込まれてきた。…

※「大気大循環」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大気大循環の関連キーワードスケーラビリティウバーレ全球大気監視大規模大規模地震切広げる繰広げる鉱床生成区成層圏循環