コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Huet,B. HuetB

世界大百科事典内のHuet,B.の言及

【ポットヒーテル】より

…1843年以降同誌の編集者として重きをなし,種々の筆名を使って多くの寄稿を行った。65年編集同人のフエトBusken Huet(1860‐1920)との意見対立で両人とも退き,晩年は詩作と文学研究に没頭した。《ヤンと奥さんと末子》(1842)の平凡無気力な主人公ヤン・サリーにおいて時代精神の弛緩を痛烈に批判し,《アムステルダム国立美術館》(1844)その他において,17世紀黄金時代の文化と生活を規範として国民文化を再生すべしと説き,同時代のオランダ人の精神生活に警鐘を鳴らした。…

※「Huet,B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Huet,B.の関連キーワードポットヒーテルデルフィニウムラファイエット夫人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android