コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デルフィニウム デルフィニウム Delphinium; larkspur

6件 の用語解説(デルフィニウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デルフィニウム
デルフィニウム
Delphinium; larkspur

キンポウゲ科デルフィニウム (オオヒエンソウ) 属の総称で,北半球の温帯各地とアフリカの山岳部に 200種以上が分布する。一,二年草または多年草。多くの品種が切り花鉢植え,花壇用に栽培されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デルフィニウム(〈ラテン〉Delphinium)

キンポウゲ科デルフィニウム属(ヒエンソウ属)の植物の総称。ヒエンソウ・チドリソウなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デルフィニウム

北半球に広く分布するキンポウゲ科草本で,200種以上ある。かつてはチドリソウ(ヒエンソウとも)と同属とされていたが,現在は植物学的にも園芸的にも区別される。草丈は30cm〜2mのものまであり,長い柄をもち掌状に浅〜深裂する葉を互生し,茎の先に総状花序をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

デルフィニウム【rocket larkspur】

切花用として,また花壇に栽培されるキンポウゲ科の秋まき一年草(イラスト)。花の形からチドリソウ(千鳥草)とも,ヒエンソウ(飛燕草)とも呼ばれる。茎は高さ80~100cm,直立し,上部で小枝を分け,5月に総状にたくさんの花をつける。葉は秋から冬の苗のうちは根生しているが,春に茎が直立すると,掌状に3裂し,さらに2~3回羽状に細裂した葉を茎に互生する。花は赤,紫,ピンク,白などに彩られた5枚の萼が花弁のように見え,大小不同で,基部の最も大きな1片に距がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

デルフィニウム【Delphinium】

キンポウゲ科ヒエンソウ属の植物の総称。多くの園芸品種がある。花は総状・穂状・円錐花序につき、長い距きよがある。日本ではヒエンソウなどが栽培される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デルフィニウム
でるふぃにうむ
[学]Delphinium

キンポウゲ科デルフィニウム(ヒエンソウ)属の総称。英名ラークスパーlarkspur。直立性の多年草または一年草。葉は有柄で3出複葉または掌状。花は総状、穂状、円錐(えんすい)花序につき、おもに青紫、赤紫、淡紅、白色などの花を開く。萼片(がくへん)は5枚、花弁状で、後部のものは伸びて距(きょ)となる。花弁は2~4枚、上部の2枚は萼距の中にある。属名はギリシア語のdelphin(イルカ)により、花の形からついた。山地に生え、アジア、ヨーロッパ、北アメリカに約200種分布し、園芸品種は数千種に上る。日本では秋播(ま)き一年草のヒエンソウ(飛燕草)D. ajacis L.が多くつくられていたが、近年はD. elatum L.、D. formosum Boiss. et Huet.、D. grandiflorum L. var chinense Fisch、などを材料として育種した八重咲きの高性種(高さ2メートル、花穂は長さ1メートル)や鉢物用の矮性(わいせい)種が盛んに栽培されるようになった。土質は排水のよい肥沃(ひよく)な弱アルカリ性土壌が適する。日光に当てるとよい。本属の植物はデルフェニンほかのアルカロイドを含むものがある。[鈴木龍二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デルフィニウムの関連キーワードアネモネシャスタデージートリカブト(鳥兜)フランスギクリナリアスタキス黒川寒咲花菜ショウキズイセンニオイヤグルマハナワギク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デルフィニウムの関連情報