コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポットヒーテル ポットヒーテルPotgieter, Everhardus Johannes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポットヒーテル
Potgieter, Everhardus Johannes

[生]1808.6.27. ズウォレ
[没]1875.2.3. アムステルダム
オランダの作家,詩人。文化雑誌『案内』 De Gidsを創刊 (1837) ,国民文学の振興に努めた。主著,寓話『ヤンとヤンチェと彼らの末の子』 Jan,Jannetje en hun jongste kind (42) ,散文『国立博物館』 Het Rijksmuseum (44) ,詩集『フロレンス』 Florence (68) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポットヒーテル【Everhardus Johannes Potgieter】

1808‐75
オランダの文学者。ズウォレ生れ。アムステルダムに住み,同志とともに《道標Gids》誌(1837‐65)を刊行し,ロマン主義,ナショナリズムの立場に立って,沈滞したオランダ文学革新ののろしをあげた。1843年以降同誌の編集者として重きをなし,種々の筆名を使って多くの寄稿を行った。65年編集同人のフエトBusken Huet(1860‐1920)との意見対立で両人とも退き,晩年は詩作と文学研究に没頭した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のポットヒーテルの言及

【オランダ文学】より

…また,フランス革命の影響によるオランダのフランス服属という民族受難のこの時期(1795‐1813)に,抒情詩《祈り》(1796),戯曲《フローリス5世》(1808)などを書いたビルデルデイクは,オランダ・ロマン主義の先駆として重要な役割を演じた。
[19~20世紀]
 1837年ポットヒーテルにより,自由主義に基づく国民文学の振興を旗じるしに《道標Gids》誌が創刊されると,民族的ロマン主義運動が盛んになり,ボスボーム・トゥサーン夫人Anna L.G.Bosboom‐Toussaint(1812‐86)が三部作《レスター伯》(1846‐55),《デルフトの呪術師》(1870)などの優れた歴史小説を書いた。一方,ベーツは写実的ユーモア小説の傑作《カメラ・オブスキュラ》(1839)を書き,またムルタトゥーリは自国の植民政策の非人道性を告発した小説《マックス・ハーフェラール》(1860)を発表し,その熱情的理想主義と斬新なスタイルは近代オランダ文学に絶大な影響を与えた。…

※「ポットヒーテル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポットヒーテルの関連キーワードデービー(Sir Humphry Davy)ドルトン(John Dalton)1808年5月3日クライストスペイン独立戦争カルロス(4世)ゴヤ(Francisco de Goya y Lucientes)ゴヤ(年譜)スペイン独立戦争多祉宮

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android