コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ILO 憲章

世界大百科事典内のILO 憲章の言及

【ILO】より

…平和予備会議はこれを受けて,またロシア革命など当時の政情不安におされて,国際労働立法委員会(委員長はアメリカ代表サミュエル・ゴンパーズAFL会長)を設けて原案を起草させた。それが平和条約第13編〈労働編〉(のちにILO憲章になる)に採用されて,労働者の国際的保護のための機関としてILOが生まれたのである。日本はその設立に参画し,また八大産業国の一つとして,いわゆる常任理事国であったが,1938年に脱退,51年に復帰し,再び常任理事国になっている。…

※「ILO 憲章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ILO 憲章の関連キーワード国際労働条約国際労働機関国際労働憲章看護職員条約ドライヤー報告国際労働機関レジャーILO87号条約批准最低賃金制失業保険