コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IMF 方式国際収支表 あいえむえふほうしきこくさいしゅうしひょう

世界大百科事典内のIMF 方式国際収支表の言及

【国際収支】より

…財貨の輸出入の状況を記録するものには〈通関統計〉〈輸出信用状接受高〉〈輸出認証統計〉〈輸入承認届出統計〉〈大手13商社輸出入成約状況〉などがあるが(〈貿易統計〉の項参照),対外経済取引の記録として最も基本的なものが国際収支表である。
[IMF方式国際収支表]
 日本の場合,1966年までは〈外国為替統計〉が国際収支の公式の記録であったが,その後,国際通貨基金(IMF)から出された《国際収支提要Balance of Payments Manual》にのっとった〈IMF方式国際収支表〉が公式の記録となっている。この国際収支表は,ある一定期間(最小単位1ヵ月)の居住者(国籍とか国境には関係なく,基本的には自国に経済活動の本拠を置く個人・法人を意味する)と非居住者(自国企業の海外支店,事業所,出張所,自国にいる外国の軍人,外交官などを含む)間のすべての経済取引を記録したものである。…

※「IMF 方式国際収支表」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

IMF 方式国際収支表の関連キーワード国際収支借款

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android