ISP法(読み)アイエスピーほう

百科事典マイペディアの解説

ISP法【アイエスピーほう】

亜鉛の製錬法の一つ。イギリスのインペリアル・スメルティング社の技術研究グループが考案(1958年に操業開始)したところから,この名で呼ばれる。焼結した亜鉛・鉛混合精鉱をコークスと共に炉に装入,粗鉛は炉底から取り出し,炉の上部に揮発した亜鉛ガスは溶融鉛のシャワー中を通過し急冷,鉛に溶解吸収され,冷却後亜鉛が析出分離される。
→関連項目亜鉛

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android