コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ISP法 アイエスピーほう

百科事典マイペディアの解説

ISP法【アイエスピーほう】

亜鉛の製錬法の一つ。イギリスのインペリアル・スメルティング社の技術研究グループが考案(1958年に操業開始)したところから,この名で呼ばれる。焼結した亜鉛・鉛混合精鉱をコークスと共に炉に装入,粗鉛は炉底から取り出し,炉の上部に揮発した亜鉛ガスは溶融鉛のシャワー中を通過し急冷,鉛に溶解吸収され,冷却後亜鉛が析出分離される。
→関連項目亜鉛

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ISP法の関連キーワード亜鉛精錬業

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android