Kidd,B.(英語表記)KiddB

世界大百科事典内のKidd,B.の言及

【社会進化論】より

…しかし歴史的にみると,比較的最近になるまで両者の区別は存在しなかった。代表的な社会ダーウィニストといわれるキッドB.Kiddが著した本の題名が《社会進化論》(1894)であったのがよい例である。この社会ダーウィニズムをも含めた社会進化論は,ダーウィンの《種の起原》出版の直接の波紋が一巡した1870年代ころから多出しはじめ,第1次世界大戦あたりまでおおいに流行する。…

※「Kidd,B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android