コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MD5 エム ディー ファイブ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

MD5

データの正当性を確認するために使用する数値を計算する方法のひとつ。電子署名などに使われる。基のデータを入力して得られる、それからは基のデータを再現できない数値をハッシュ値と呼ぶ。MD5は、ハッシュ値を計算するためのハッシュ関数のひとつで、RSA暗号の開発者のひとり、ロン・リベスト氏らによって開発された。IPsecや、POP before SMTPなど、さまざまなセキュリティープロトコルで使われている一方、最近になって脆弱性も指摘されている。MD5によって生成されたハッシュ値は、「MD5」「MD5チェックサム」などと呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エム‐ディー‐ファイブ【MD5】[message digest algorithm 5]

message digest algorithm 5》デジタル署名などに使われるハッシュ関数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

MD5の関連キーワードExtensible Authentication ProtocolSMTP AUTH山田亜椰

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android