コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MD5 エム ディー ファイブ

3件 の用語解説(MD5の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

MD5

データの正当性を確認するために使用する数値を計算する方法のひとつ。電子署名などに使われる。基のデータを入力して得られる、それからは基のデータを再現できない数値をハッシュ値と呼ぶ。MD5は、ハッシュ値を計算するためのハッシュ関数のひとつで、RSA暗号の開発者のひとり、ロン・リベスト氏らによって開発された。IPsecや、POP before SMTPなど、さまざまなセキュリティープロトコルで使われている一方、最近になって脆弱性も指摘されている。MD5によって生成されたハッシュ値は、「MD5」「MD5チェックサム」などと呼ばれる

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エム‐ディー‐ファイブ【MD5】[message digest algorithm 5]

message digest algorithm 5》デジタル署名などに使われるハッシュ関数

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報セキュリティ用語辞典の解説

MD5

128ビットのメッセージダイジェストを生成するハッシュ関数を使ったアルゴリズム

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
Copyright (c) ISEN. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

MD5の関連キーワードチェックサムデジタル署名認証局検認正当性フィンガープリントスイミングゴーグルボディープロテクター試情馬 (teaser)あて馬 (teaser)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

MD5の関連情報