コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Maghāriba Maghariba

世界大百科事典内のMaghāribaの言及

【エルサレム】より

…しかし,こうしてエルサレムがキリスト教一色に塗りつぶされる1世紀を経たのち,1187年サラーフ・アッディーン(サラディン)はこれを奪回し,アクサー・モスクでの集団礼拝が盛大に行われ,ハラム・アッシャリーフは清掃・再建された。やがて同区域の西の壁に沿って,夜の旅でムハンマドを運んだ天馬ブラークをつないだとされる場所に,マガーリバMaghāribaモスク(別称ブラーク・モスク)も建てられた。エルサレム回復後は,サラーフ・アッディーンが十字軍との戦争継続状態のもとでも,同市へのキリスト教徒の来訪・居住を許したように,ムスリム支配下のエルサレムは,再びキリスト教徒にもユダヤ教徒にも開かれた都市とされた。…

※「Maghāriba」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Maghāribaの関連キーワードRIBAジャン ヌーヴェルレンゾ ピアノマイケル・ジョン ホプキンスリチャード ロジャーズワーキディーワーキディーアレンテサイトイヴレイトローテンブルク岩

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android