コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Moses de Leon MosesdeLeon

世界大百科事典内のMoses de Leonの言及

【カバラ】より

…これは古典的カバラの原典というべき文献で,ユダヤ教には珍しい〈魂の輪廻〉を説いている点で注目される。13世紀のモーセス・デ・レオンMoses de Leon(1250‐1305)は《ゾーハル(光輝の書)》(正しくは《セーフェル・ハ・ゾーハル》)を著した。これは2世紀に活躍したラビ,シメオン・ベン・ヨハイの事跡を記しながら,聖書のカバラ的解釈がいかなるものかを示す根本経典である。…

【ゾーハル】より

…ユダヤ教神秘主義カバラの根本経典。13世紀のスペインで活躍したモーセス・デ・レオンMoses de Leon(1250‐1305)の編纂になる。書名は〈輝きの書〉の意。…

※「Moses de Leon」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Moses de Leonの関連キーワードゾーハルモーゼとアロンイブン・ジャズラサンマイモニデス遊離基ブローニングボブ モーゼスパンツェッタジローラモ鷲尾ゆりあ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone