コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素朴画家 そぼくがか peintres naïfs

1件 の用語解説(素朴画家の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そぼくがか【素朴画家 peintres naïfs】

正規の美術教育を受けておらず,仕事のかたわら制作する素人画家のことで,職業画家とは区別される。〈現代のプリミティーフ画家〉〈日曜画家〉とも呼ばれる。このような画家はどの時代にも存在したであろうが,20世紀になってフランスの評論家ウーデWilhelm Uhdeによりその存在意義が見いだされたのをきっかけにして,各国で多くの素朴画家が発掘され,注目をあびるようになった。19世紀後半以来,ヨーロッパ西欧文明崩壊の危機感が生まれ,それにともないプリミティーフな世界,素朴(ナイーフ)な世界への希求が高まり,あらゆる制約から解き放たれたかにみえる〈素朴絵画〉が人々の目に新鮮なものとして映ったのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の素朴画家の言及

【ルソー】より

…ピカソは1908年〈バトー・ラボアールBateau Lavoir(洗濯船)〉でルソーのために宴会を開き,またアポリネールは自分とローランサンの肖像を依頼している(《詩人に霊感を与える女神》1909)。素朴画家を代表するルソーは,正統的な形体把握,色彩用法,構図法にとらわれずに特異な画面を作りあげ,幻想的,夢幻的な絵画世界を作り上げた。画風や技法が時を追って展開,発展するということがあまりなく,主題で分けられるだけであり,それは初期の風景画と肖像画,街頭風景,異国風景,肖像,花と静物などである。…

※「素朴画家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

素朴画家の関連キーワード技術教育シャリアピン正規軍院生教育権再教育下仕事図画無教育アールブリュット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

素朴画家の関連情報