コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘキサフェニルエタン hexaphenylethane

世界大百科事典 第2版の解説

ヘキサフェニルエタン【hexaphenylethane】

芳香族炭化水素の一つ。1900年にゴンバーグMoses Gombergによって初めて合成された化合物。アセトンなどから再結晶すれば無色の結晶として得られる。融点145~147℃(分解をともなう)。溶液にすると,一部がトリフェニルメチル遊離基に解離するため黄色を呈する。これは,ふつう安定な炭素‐炭素結合が常温でも切断する数少ない例の一つである。この容易な解離は,ヘキサフェニルエタンの6個のフェニル基の空間的こみ合いが解離により解消されるため,および,解離してできる遊離基が3個のフェニル基による共鳴安定化を受けるためと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヘキサフェニルエタンの関連キーワードゴンベルグ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android