コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘキサフェニルエタン hexaphenylethane

1件 の用語解説(ヘキサフェニルエタンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヘキサフェニルエタン【hexaphenylethane】

芳香族炭化水素の一つ。1900年にゴンバーグMoses Gombergによって初めて合成された化合物。アセトンなどから再結晶すれば無色の結晶として得られる。融点145~147℃(分解をともなう)。溶液にすると,一部がトリフェニルメチル遊離基に解離するため黄色を呈する。これは,ふつう安定な炭素‐炭素結合が常温でも切断する数少ない例の一つである。この容易な解離は,ヘキサフェニルエタンの6個のフェニル基の空間的こみ合いが解離により解消されるため,および,解離してできる遊離基が3個のフェニル基による共鳴安定化を受けるためと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘキサフェニルエタンの関連キーワードアンダーソンアンベールウォルシュ江口三省フロランムルデルグラノライトアリュート岩クラ岩三遊亭円朝(初代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone