コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾーハル Zohar

1件 の用語解説(ゾーハルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゾーハル【Zohar】

正しくは《セーフェル・ハ・ゾーハルSepher ha‐Zohar》。ユダヤ教神秘主義カバラの根本経典。13世紀のスペインで活躍したモーセス・デ・レオンMoses de Leon(1250‐1305)の編纂になる。書名は〈輝きの書〉の意。2世紀の神秘家シメオン・ベン・ヨハイSimeon ben Yoḥaiとその弟子たちに帰される旧約聖書の最初の五書(〈モーセ五書〉,トーラー)と《ルツ記》《雅歌》《エレミヤ哀歌》のカバラ的解釈が中心である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のゾーハルの言及

【カバラ】より

…これは古典的カバラの原典というべき文献で,ユダヤ教には珍しい〈魂の輪廻〉を説いている点で注目される。13世紀のモーセス・デ・レオンMoses de Leon(1250‐1305)は《ゾーハル(光輝の書)》(正しくは《セーフェル・ハ・ゾーハル》)を著した。これは2世紀に活躍したラビ,シメオン・ベン・ヨハイの事跡を記しながら,聖書のカバラ的解釈がいかなるものかを示す根本経典である。…

【髑髏】より

…現代の解剖学でも,頭蓋骨を支える第1頸椎をアトラス(ギリシア神話の天を肩で支える巨人)と呼んでいる。同様にユダヤ神秘主義カバラの書《ゾーハル》は,世界を包む球状の覆いを〈大頭蓋骨〉と称する。 どくろは死の象徴でもある。…

※「ゾーハル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゾーハルの関連キーワードフェイルセーフセーシェルセーフセーフティーゾーンスカラーフェルミ粒子ゼーフェルトターフェルムジークサーフゾーンターフェルの式セーフティーハーネス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゾーハルの関連情報