コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NMR NMR/えぬえむあーるnuclear magnetic resonance

知恵蔵の解説

NMR

核磁気共鳴といい、原子核のスピンを利用して物質の構造・状態を非破壊的に知る方法。核スピンを持つ原子核を強い磁場の中に置くと、核スピンが磁場と平行、または逆方向の2つのエネルギー状態に分裂し、そのエネルギー差に対応する波長の電磁波を吸収するようになる。このエネルギー差は、その原子核の周辺の電子の分布や原子の結合状態に影響され、それが共鳴吸収スペクトルとして観測される。特に、^1H及び^13C核の高分解能NMRは有機化合物の構造決定手段として必要不可欠になっている。

(市村禎二郎 東京工業大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

世界大百科事典内のNMRの言及

【核磁気共鳴】より

…略称NMR(またはnmr)。核スピン共鳴nuclear spin resonanceともいう。…

※「NMR」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

NMRの関連キーワードマンスフィールド(Peter Mansfield)エルンスト(Richard R. Ernst)ピーター マンスフィールド海上・港湾・航空技術研究所ブロッホの方程式(NMR)核オーヴァーハウザー効果リヒャルト エルンストN. ブルームバーゲンクルト ヴュートリッヒ海上技術安全研究所ジョージ オラー量子コンピュータビュートリッヒ分子科学研究所ホスフィン酸磁気共鳴画像ビュートリヒラウターバー磁気回転効果化学物理学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

NMRの関連情報