コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NMR NMR/えぬえむあーる nuclear magnetic resonance

翻訳|nuclear magnetic resonance

3件 の用語解説(NMRの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

NMR

核磁気共鳴といい、原子核スピンを利用して物質の構造・状態を非破壊的に知る方法。核スピンを持つ原子核を強い磁場の中に置くと、核スピンが磁場と平行、または逆方向の2つのエネルギー状態に分裂し、そのエネルギー差に対応する波長の電磁波を吸収するようになる。このエネルギー差は、その原子核の周辺の電子の分布や原子の結合状態に影響され、それが共鳴吸収スペクトルとして観測される。特に、^1H及び^13C核の高分解能NMRは有機化合物の構造決定手段として必要不可欠になっている。

(市村禎二郎 東京工業大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エヌ‐エム‐アール【NMR】[nuclear magnetic resonance]

nuclear magnetic resonance》⇒核磁気共鳴(かくじききょうめい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

NMR

〖nuclear magnetic resonance〗

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のNMRの言及

【核磁気共鳴】より

…略称NMR(またはnmr)。核スピン共鳴nuclear spin resonanceともいう。…

※「NMR」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

NMRの関連キーワード核磁気共鳴原子核物理学ナイトシフトNMRCT磁気共鳴核磁気共鳴装置核磁気共鳴吸収法核磁気共鳴像核磁気共鳴分析法核磁性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

NMRの関連情報