Pyrrhic victory(英語表記)Pyrrhicvictory

世界大百科事典内のPyrrhic victoryの言及

【ネオプトレモス】より

…トロイア戦後の彼については,デルフォイで神官と争って殺されたとも,ギリシア本土西北部のエペイロス地方へ赴き,モロッソス人の王となったともいう。前280‐前279年にイタリア南部でローマ軍と戦ったエペイロス王ピュロスは,多大の犠牲を払ってかろうじて勝利をおさめたことから,のちの世にPyrrhic victory(〈引き合わない勝利〉の意)の言葉を残したが,その彼はみずからをネオプトレモスの後裔と主張した。【水谷 智洋】。…

※「Pyrrhic victory」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android