QED(読み)キューイーディー

デジタル大辞泉の解説

キュー‐イー‐ディー【Q.E.D.】[quod erat demonstrandum]

《〈ラテン〉quod erat demonstrandum》「以上が証明されるべきであった」「証明終わり」の意。数学などの証明の末尾に記される。

キュー‐イー‐ディー【QED】[quantum electrodynamics]

quantum electrodynamics》⇒量子電磁力学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のQEDの言及

【量子電磁力学】より

…英語の頭文字をとってQEDともいう。電子をはじめ荷電粒子と電磁場の相互作用を量子力学的に取り扱う力学体系。…

※「QED」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android