コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Searle,H. SearleH

世界大百科事典内のSearle,H.の言及

【セリー】より

…図4のaI,aII,aIIIでは音高が〈循環〉しており,a1,a2,a3では音程が循環している。サールHumphrey Searle(1915‐82)は原音列から2音おき,3音おきの音を取って移置形とする〈置換〉の方法を用いた。これらの方法は開始音を同一にできるため,音列に中心音性をもたせることが可能であるが,移置形に同一の音程関係を保たせることが困難となり,当初の音列技法の意味は薄れる結果となったが,メシアン,ブーレーズ,ストラビンスキーらによって用いられた。…

※「Searle,H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Searle,H.の関連キーワードエマーソンフリント粘土言語行為論言語分析チャールズ石

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android