コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Shaḥna Shahna

世界大百科事典内のShaḥnaの言及

【アミール】より

…少数の部族長を除くと,これらの大部分は,奴隷出身者であった。彼らの中からは,アター・ベクや軍政府総督シャフナShaḥna,また大規模なイクター(分与地)保有者となり,王朝の衰退期に地方で独立政権をつくったものも現れた。アミールたちの間での階層の分化を反映して,上級のアミールの中には,総指揮官アミール・イスファフサーラールと呼ばれるものもあった。…

※「Shaḥna」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Shaḥnaの関連キーワード加藤タクヤシェケム門アルジェリア出川哲朗ウッチャンナンチャン入江雅人宇浦冴香ARARISkoopOnSomebodyタウンニュース社

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android