Tri

翻訳|tri

世界大百科事典内のTriの言及

【さんかく座(三角座)】より

…略号はTri。アンドロメダ座の南に位置する秋の小星座で,3個の3等星が細長い直角三角形を描く。ギリシアのヒッパルコスの時代からある星座でナイル川の三角州の象徴であるともいう。渦巻銀河M33は腕のよく発達したSc型の銀河で,視直径62′×39′,距離は240万光年で,見かけの明るさは6.3等,双眼鏡でその中心部を眺めることができる。概略位置は赤経2h0m,赤緯+32゜。午後8時の南中は12月中旬。【石田 五郎】…

※「Tri」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Triの関連情報