UFT(読み)ユーエフティー

世界大百科事典内のUFTの言及

【制癌薬】より

…日本では,これの誘導体としてテガフール(フトラフール)がソ連から導入され,経口投与により5‐FUと同じように用いられるが,副作用の発現は少ない。最近,類似化合物としてカルモフール(ミフロール)が開発されたほか,テガフールを1とウラシルを4の比率で配合したUFTも最近開発された。さらに抗白血病薬として,シトシンアラビノシド(キロサイド),サイクロシチジン(サイクロC)などがある。…

※「UFT」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報