コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

UGC ユージーシー UGC

2件 の用語解説(UGCの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ユー‐ジー‐シー【UGC】[user generated content]

user generated content》利用者(ユーザー)により作成されたコンテンツの総称。ブログSNSBBSに利用者が投稿した記事やメッセージ動画共有サービスなどのコンテンツを指す。ユーザー生成コンテンツ。UCC(user created content)。→シー‐ジー‐エム(CGM)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

UGC
ゆーじーしー

プロフェッショナルではなく、パソコンの一般ユーザー(利用者)が作成する文章、音楽、映像などさまざまなデジタルコンテンツの総称。User Generated Contentの略。ユーザー作成コンテンツ、 ユーザー生成コンテンツともいう。UGCは欧米を中心とした呼称で、韓国などではUCC(User Created Content)とよばれる。
 インターネットの高速化、大容量化、そして各種デジタル機器の低価格化、コンテンツ作成ソフトの整備、各種投稿サイトの充実などにより、だれもが簡単に小説やニュース記事などのテキスト、音声や映像を盛り込んだリッチコンテンツ(表現力と情報量が大きいデジタル情報)を作成・配信できるようになり、動画共有サイト「YouTube(ユーチューブ)」、写真共有サイト「flickr(フリッカー)」、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイト「mixi(ミクシィ)」、百科事典サイト「Wikipedia(ウィキペディア)」など、インターネット上の投稿サイトや共有サイトに多くの作品が公開されるようになった。
 UGCは誰もが参加できるため、若く才能あるクリエーターの発表の場として注目されている。ただし、作品のクオリティは玉石混交であり、またつねに著作権問題が発生する危険がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

UGCの関連キーワードCGMUSIMカードUCCEULAユーザー作成コンテンツユーザー制作コンテンツユーザー生成コンテンツハイドン:アンダンテと変奏曲 ヘ短調/piano soloルビンシテイン、アントン:ピアノ・ソナタ 第2番 ハ短調/piano soloグーセンス:自然詩/piano solo

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

UGCの関連情報