コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

UniFEP ゆにふぇっぷ

1件 の用語解説(UniFEPの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

UniFEP

Newtonで日本語の入力を実現する機能拡張ソフト。エヌフォーが開発した。単体では日本語環境を実現できない。通常はUniFEP本体およびそれに付随する一連の日本語化ソフト全体を指す。UniFEP本体、Newtonメッセージ表示を日本語化するJStrings、Names機能を日本の住所録情報に対応させるNamesJ、標準ソフトキーボードの設定を行なうKeyboard Manager、漢字変換用辞書、日本語入力用のソフトキーボードなどで構成されている。当初は英語版Newton機器で日本語を取り扱うための単体製品として発売していた。1996年に国内で発売されたApple MessagePad 130では標準の日本語環境として正式にバンドルとなった。eMateやMessagePad 2000シリーズではNewton OSが2.1にアップデートされ、UniFEPもNewton Language Kitとその名を変えた。現在、英PSION社のPsionのUniFEPを販売中。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

UniFEPの関連キーワードAI変換日本語入力システムFEPメモ帳学習淡蒼球日本語入力ソフト仮名入力日本語入力コスト・リーダシップ戦略

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone