コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Uratelornis chimaera Uratelornischimaera

世界大百科事典内のUratelornis chimaeraの言及

【ブッポウソウ(仏法僧)】より

…一般にブッポウソウ亜科の鳥に比べて羽色がややじみで,胸腹部は白っぽいか,うろこ状の褐色斑がある。オナガジブッポウソウUratelornis chimaera(英名long‐tailed ground roller)は荒地や乾燥地に生息し,他の4種は森林にすむ。 ブッポウソウ目Coraciiformesは,カワセミ科,コビトドリ科,ハチクイモドキ科,ハチクイ科,オオブッポウソウ科,ブッポウソウ科,ヤツガシラ科,カマハシ科,サイチョウ科の諸科に分類され,その特徴の一つは,3本の前趾(ぜんし)が基部で互いに癒着している(合趾足(ごうしそく))ことである。…

※「Uratelornis chimaera」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Uratelornis chimaeraの関連キーワードギンザメギンザメ銀鮫剱頭赤剱頭赤銀鮫

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android