ブッポウソウ(読み)ぶっぽうそう(英語表記)roller

翻訳|roller

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブッポウソウ
ぶっぽうそう / 仏法僧
roller

広義には鳥綱ブッポウソウ目ブッポウソウ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Coraciidaeには、アフリカ、ヨーロッパ南部、アジア南部に分布するブッポウソウ亜科11種と、マダガスカル島特産のジブッポウソウ亜科5種の合計16種がある。ブッポウソウ亜科の鳥は全長25~35センチメートル、頭部が大きく平たい。嘴(くちばし)は太くて大きく開き、尾は円尾や凹尾であるが、燕尾(えんび)の種もある。体は青、緑、褐色などで美しい色をしている。飛翔(ひしょう)は巧みで、長めの翼をしなやかに羽ばたいて、旋回や急降下を行う。ジブッポウソウ亜科のうち4種までが森林の地上で生活するが、1種だけは砂漠にすむ。全長25~35センチメートル、頭は大きく翼は短いが、なかには尾の長い種もある。昆虫や爬虫(はちゅう)類を捕食する。

 種のブッポウソウEurystomus orientalisはオーストラリアからアジア南部、中国などに分布し、日本には夏鳥として渡来する。全長約30センチメートル、体は暗緑色、頭部は黒く上胸は青色、翼と尾は暗青色で、初列風切(かざきり)には青白色の円い斑紋(はんもん)があり飛翔中によく目だつ。嘴は太くて赤色、足も赤い。本州、四国、九州の低地から低山の林にすみ、とくにスギの大木のある場所に多い。しなやかな翼動で軽々と飛び回る。高木の枯れ枝に止まっていて、飛んでいる昆虫をみつけると飛び立ってとらえる。樹洞、建物や橋のすきまなどに産卵する。ゲェーゲゲゲと鳴く。古来この鳥の鳴き声と思われていた「ブッポウソウ」はコノハズクの声であることが、1935年(昭和10)に判明した。

[高野伸二]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブッポウソウ

ブッポウソウ科の鳥。翼長19cm。くちばしと脚は赤く,体は青緑色。アジア東・南部に分布し,北方のものは冬南へ渡る。日本には本州,四国,九州に夏鳥として渡来。低地〜低山の林にすみ,木の穴をとする。ギッギッゲゲゲッと飛びながら鳴く。セミ,コガネムシ等大型昆虫を捕食。絶滅危惧IB類(環境省第4次レッドリスト)。和名仏法僧の意だが,ブッポーソーと鳴く鳥はコノハズクであることが1935年判明した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッポウソウ
Eurystomus orientalis; Oriental dollarbird

ブッポウソウ目ブッポウソウ科全長 25~34cm。頭部,腮(さい。あご)が黒褐色で,喉が紫青色。それ以下の背面と下面は濃緑青色。と尾は青みがかった黒色で,翼にはよく目立つ青みがかった白色がある。と脚は赤い。オーストラリアにすむ亜種は頭部が灰褐色で,腹部羽色も薄い。インド東部,ヒマラヤ地方から東アジア東南アジア,オーストラリアまで繁殖分布し,東アジアと,北部を除くオーストラリアでは夏鳥(→渡り鳥)である。日本にも夏鳥として 5月上旬に渡来し,おもに標高 1000m以下の大木のある森林に生息する。樹洞で営巣するが,建造物のすきまや巣箱に巣をつくることも多い。しわがれた声で「げっ,げっ」と鳴く。「ぶっぽうそう(仏法僧)」と聞こえる声で鳴く鳥は本種ではなく,コノハズクである。山梨県身延町,宮崎県高原町,長野県木曽町の三岳,岐阜県美濃市などの繁殖地は国の天然記念物に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android