コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀鮫 ギンザメ

デジタル大辞泉の解説

ぎん‐ざめ【銀×鮫】

ギンザメ目ギンザメ科の海水魚。全長約1メートル。頭は大きく、尾びれは細長くて先が糸状に伸びる。えらあなは一対体色銀白色で、体側に2本の褐色線が走る。雄には胸びれ付近に交尾用のかぎ状突起がある。体内受精された卵を産む。北海道から東シナ海深海底に生息。かまぼこの原料。ぎんぶか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎんざめ【銀鮫】

ギンザメ目の深海魚。全長約1メートルで、銀白色。頭が大きく、尾びれは上葉だけが発達して鞭むち状に伸びる。鰓孔えらあなは一対。練り製品の材料にする。北海道から東シナ海にかけて分布。ギンブカ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

銀鮫 (ギンザメ)

学名:Chimaera phantasma
動物。ギンザメ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

銀鮫の関連キーワードギンザメ目ギンブカ練り製品深海魚銀鱶上葉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android