コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テングギンザメ テングギンザメ Rhinochimaera pacifica

3件 の用語解説(テングギンザメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テングギンザメ
テングギンザメ
Rhinochimaera pacifica

ギンザメ目テングギンザメ科の海水魚。全長 1.3m内外。体は延長側扁する。吻は著しく突き出し,剣状。背鰭にとげがある。尾鰭は上葉は痕跡的であるが,下葉はよく発達する。尻鰭はない。体は褐灰色で,後方に3条の青白色縦線がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テングギンザメ【long‐snouted chimaera】

全頭亜綱ギンザメ目テングギンザメ科の海産魚。その名のとおり吻(ふん)が著しく突出する。英名も長い吻に基づいている。相模灘,銚子沖,三陸沖,釧路沖の深海から得られているほか,ニュージーランドペルー沖にも分布する。大西洋産のR.atlanticaでは尾びれの背縁にある棘状(きよくじよう)突起が25~30であるのに対し,本種では34~69と多いことで両種は区別される。水深500m以深の大陸斜面に生息しており,もっとも深いところで得られたものは水深1110mの地点。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テングギンザメ
てんぐぎんざめ / 天狗銀鮫
Pacific knifenose chimaera
[学]Rhinochimaera pacifica

軟骨魚綱ギンザメ目テングギンザメ科に属する海水魚。日本近海では相模(さがみ)湾や北海道から知られているが、さらにペルーや近年ニュージーランドにも分布していることが判明した。その名のとおり吻(ふん)が剣状に突き出していることが大きな特徴である。500~1000メートルの深海に分布し、トロールで漁獲される。大西洋に近縁の一種が知られている。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テングギンザメの関連キーワードギンザメ銀鮫奴智鮫鼠鮫さんざめ・くギンザケホシザメ全頭類ギンザメ目テングギンザメ目

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone