コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テングギンザメ テングギンザメRhinochimaera pacifica

3件 の用語解説(テングギンザメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テングギンザメ
テングギンザメ
Rhinochimaera pacifica

ギンザメ目テングギンザメ科の海水魚。全長 1.3m内外。体は延長側扁する。吻は著しく突き出し,剣状。背鰭にとげがある。尾鰭は上葉は痕跡的であるが,下葉はよく発達する。尻鰭はない。体は褐灰色で,後方に3条の青白色縦線がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テングギンザメ【long‐snouted chimaera】

全頭亜綱ギンザメ目テングギンザメ科の海産魚。その名のとおり吻(ふん)が著しく突出する。英名も長い吻に基づいている。相模灘,銚子沖,三陸沖,釧路沖の深海から得られているほか,ニュージーランドペルー沖にも分布する。大西洋産のR.atlanticaでは尾びれの背縁にある棘状(きよくじよう)突起が25~30であるのに対し,本種では34~69と多いことで両種は区別される。水深500m以深の大陸斜面に生息しており,もっとも深いところで得られたものは水深1110mの地点。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テングギンザメ
てんぐぎんざめ / 天狗銀鮫
Pacific knifenose chimaera
[学]Rhinochimaera pacifica

軟骨魚綱ギンザメ目テングギンザメ科に属する海水魚。日本近海では相模(さがみ)湾や北海道から知られているが、さらにペルーや近年ニュージーランドにも分布していることが判明した。その名のとおり吻(ふん)が剣状に突き出していることが大きな特徴である。500~1000メートルの深海に分布し、トロールで漁獲される。大西洋に近縁の一種が知られている。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone