コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Webメール ウェブ メール

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Webメール

Webブラウザーを使って操作可能なメールサービスのこと。到着メッセージをWebブラウザーで表示したり、メールの編集や送信もできる。GmailやYahoo!メールなど、無料のメールサービスで多く利用されている。メールソフトの役割がWebブラウザーに置き換わっているだけで、メッセージの中継には通常の電子メールと同じくSMTPが使われる。また、多くのWebメールは、POPをサポートしており、メールソフトからも利用できるようになっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウェブ‐メール(web mail)

インターネットのブラウザーを使って電子メールの作成や送受信を行うシステム。また、これを提供しているサービスのこと。ウェブメーラー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Webメール
うぇぶめーる

ウェブブラウザを経由して利用する電子メールシステム。インターネットのブラウザ(マイクロソフト社のインターネット・エクスプローラーInternet Explorerなど)を使って電子メールの作成や送受信を行う。メールシステム自体はデータセンターに置かれ、インターネットを通じてその内容を読みにいく仕組みであり、クライアント端末の機種に依存しない。そのため同一のメールをパソコン、タブレット端末、スマートフォン、携帯電話などから読むことができる。Hotmail(マイクロソフト社)、Gmail(グーグル社)、Yahoo! メール(ヤフー!ジャパン)などのフリーメールサービスで使われることが多い。
 Webメールが主流になる前にはパソコン通信や企業内のメールサーバーがメールサービスを提供していた。その場合、クライアント端末(パソコン)に専用のメールソフトをインストールし、送受信したメールをそれぞれのパソコンのなかに保管していた。そのため基本的には一つの端末でしか利用できない。端末が故障した場合にはすべてのデータを失うだけでなく、端末の移行時のデータ移動に大きな手間がかかった。ただしWebメール形式のフリーメールサービスでは、サーバーがダウンしてデータが消失しても責任を負わない、などの免責事項の設けられていることが多い。またメールの内容を収集分析して利用することを承諾させるサービスもあり、これをプライバシー侵害と考えるユーザーもいる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

Webメールの関連キーワードGoogle ChromeデマンドジェネレーションlivedoorポータルサイトIMAP4Ajax.Macgoo

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android