コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

albuminous seed albuminousseed

世界大百科事典内のalbuminous seedの言及

【種子】より

…珠心は普通,消失したり膜状となるが,養分をたくわえて大きくなり,フダンソウのように外胚乳perispermとなることがある。胚乳や外胚乳に栄養分をたくわえたものを胚乳種子albuminous seedという。たとえ胚乳や外胚乳に一時的に栄養分がたくわえられたとしても,種子の成熟の過程で,栄養分がしだいに胚に吸収され,完熟したころには胚が種子の内部をいっぱいにしていることも多い。…

【胚乳】より

…種子が成熟する過程で,胚乳にたくわえられる養分が,胚によって吸収され,胚の一部である子葉に養分がたくわえられるものがある。このようなものを無胚乳種子exalbuminous seedと呼び,クリ,マメ類,ヒマワリなどにみられる。一方,胚乳や周乳に養分がたくわえられたものを胚乳種子albuminous seedとよぶ。…

※「albuminous seed」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

albuminous seedの関連キーワード外種皮豊口めぐみ河口博宮坂灯里インフィニットジャスティスガンダムストライクフリーダムガンダムSEEDマメゾウムシ(豆象虫)シーズno seed

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android