fellow

翻訳|fellow

世界大百科事典内のfellowの言及

【カレッジ】より

…ただし,かつてはイートン・カレッジEton Collegeのような中等段階の学校をさす場合もあり,これはフランスのコレージュが16世紀以来中等学校の一種であることに対応する呼名である。各カレッジはその正メンバーであるフェローfellowの団体によって運営され,カレッジの首長の選挙をはじめ,財政的にも学問研究と教育の面でも自律性をもつが,学位を授与する権限はカレッジではなく,その総合的運営をなすユニバーシティにある。伝統的教育内容は聖職者,法律家,医師になるための準備教育としての自由七科,とりわけ古典語を中心にした人文的教養であったが,19世紀以降自然科学,近代外国語,社会科学が徐々に加わり,古典的教養の地位が下がっていく。…

※「fellow」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

fellowの関連情報