コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

haut fourneau hautfourneau

世界大百科事典内のhaut fourneauの言及

【高炉】より

…この伝熱と反応の過程を効率よく行わせるために,炉を立形にして鉄鉱石とコークス(あるいは木炭)の交互充てん層を高くしている。歴史的にみれば,これが高炉(ドイツ語でHochofen,フランス語でhaut fourneau)と呼ばれる理由であるが,他方,炉下部から高い充てん層に空気を送り込むには高圧,高速の衝風でなければならず,この衝風blastに注目して英語ではblast furnaceと呼ばれている。現在,世界各地の高炉はコークス高炉と木炭高炉に大別されるが,木炭高炉はヤシ,ユーカリなど生長のはやい樹木のある東南アジア,ブラジルなどの一部に限られ,世界の高炉のほとんどがコークス高炉である。…

※「haut fourneau」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

haut fourneauの関連キーワードダビッド ベーボベオークニクスブール城ノートルダムデュオー礼拝堂オーボエ[oboe / ob]ユニオン・ミニエール[会社]コンセーユ・デュ・ロア上層言語チールシュボレル

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android