コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボベ ボベ Bovet, Daniel

4件 の用語解説(ボベの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボベ
ボベ
Bovet, Daniel

[生]1907.3.23. ヌーシャテル
[没]1992.4.8. ローマ
イタリアの薬理学者。両親はフランス人ジュネーブ大学に学び,1932年からパリのパスツール研究所に入り,37年化学療法研究部部長。 47年ローマ衛生研究所の薬理学部長となり,イタリアに帰化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ボベ(Daniel Bovet)

[1907~1992]イタリアの生理学者。スイスの生まれ。神経伝達物質を研究。筋との伝達を遮断するクラレ様物質の合成の研究により、1957年ノーベル生理学医学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボベ

スイス生れの薬学者。ジュネーブ大学卒。パスツール研究所治療化学実験所長。のちローマ衛生研究所医化学部長となり,1947年イタリアに帰化。プロントジル抗菌作用の研究や,抗ヒスタミン薬の発見等,クラーレに代わる合成筋弛緩薬の化学薬理学的研究で1957年ノーベル生理医学賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボベ
ぼべ
Daniel Bovet
(1907―1992)

イタリアの生理学者。スイスのヌーシャテルに生まれる。ジュネーブ大学で医学を修め、1927年卒業。同大学生理学研究所で研修し、1929年パリのパスツール研究所に入る。1933年、フルノErnest Fourneau(1872―1949)を指導者とする、自律神経系の神経興奮伝達物質アセチルコリンアドレナリンに対する拮抗(きっこう)物質の共同研究に参加。1937年にプロントジルの化学構造と抗菌作用の関係を追究、分解物スルファミンの抗菌作用を発見した。1947年ローマの衛生学研究所治療化学教授となり、合成子宮薬、合成クラーレ様物質に関する研究を行う。1957年「クラーレにかわる合成筋弛緩(しかん)剤の化学生理学的研究」によりノーベル医学生理学賞を受ける。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボベの関連キーワードシャテルペロン文化ヌーシャテルラショードフォン車轍射的場エル・チャテオスヌーピーローションヌーシャテルワイン祭り鈴木舎定シャティヨン3兄弟

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボベの関連情報