コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボベ Bovet, Daniel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボベ
Bovet, Daniel

[生]1907.3.23. ヌーシャテル
[没]1992.4.8. ローマ
イタリアの薬理学者。両親はフランス人。ジュネーブ大学に学び,1932年からパリのパスツール研究所に入り,37年化学療法研究部部長。 47年ローマ衛生研究所の薬理学部長となり,イタリアに帰化した。 G.ドマークのサルファ剤プロントジルの発見に着目,みずからもスルファニルアミドを開発,またアレルギーとヒスタミンの関連に目を向け,44年,最初の抗ヒスタミン剤であるピリラミンを発見した。さらに 47年,矢毒のクラーレ合成品を研究し,ガラミンなどの筋弛緩剤を発見した。これらの業績で,57年のノーベル生理学・医学賞を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ボベ

スイス生れの薬学者。ジュネーブ大学卒。パスツール研究所治療化学実験所長。のちローマ衛生研究所医化学部長となり,1947年イタリアに帰化プロントジル抗菌作用の研究や,抗ヒスタミン薬の発見等,クラーレに代わる合成筋弛緩薬の化学薬理学的研究で1957年ノーベル生理医学賞。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボベ
ぼべ
Daniel Bovet
(1907―1992)

イタリアの生理学者。スイスのヌーシャテルに生まれる。ジュネーブ大学で医学を修め、1927年卒業。同大学生理学研究所で研修し、1929年パリのパスツール研究所に入る。1933年、フルノErnest Fourneau(1872―1949)を指導者とする、自律神経系の神経興奮伝達物質アセチルコリンアドレナリンに対する拮抗(きっこう)物質の共同研究に参加。1937年にプロントジルの化学構造と抗菌作用の関係を追究、分解物スルファミンの抗菌作用を発見した。1947年ローマの衛生学研究所治療化学教授となり、合成子宮薬、合成クラーレ様物質に関する研究を行う。1957年「クラーレにかわる合成筋弛緩(しかん)剤の化学生理学的研究」によりノーベル医学生理学賞を受ける。[根本曽代子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボベの関連キーワードカブラル(Amilcar Cabral)ペドロ・ベロナ・ロドリゲス ピレスギニア・カーボベルデ独立アフリカ党アリスティデス・マリア ペレイラV. ジュラノビッチA.M. ペレイラトリグラフ国立公園カーボベルデの要覧J.B. ビエイラサントアンタン島ベルデ岬[諸島]リベイラグランデバルラベント諸島ソタベント諸島サンビセンテ島ペドロ ピレスポルトガル語エトナ[山]ベジタリアンカーボベルデ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボベの関連情報