コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

heraðsthing hera sthing

世界大百科事典内のheraðsthingの言及

【スカンジナビア】より

…彼らは有力農民の神殿hofを中心に祭祀共同体を組織し,かかる有力者はゴジgoði(司祭)とよばれた。このような有力者は集まって地域的集会heraðsthing(〈ヘラズherað(地域)の集会〉の意)を組織し,さらに人口増によって未開地が基本的に消滅した930年ころに,全島レベルの集会=アルシングAlthingに結集し,全島をさまざまなレベルの集会の体系に組織した。でき上がった機構は,全体は東西南北の4分区に分けられてそれぞれの集会をもち,各区はさらに三つ(北区のみ四つ)の地域(ヘラズ)に区分されてこれもそれぞれ集会をもち,この計13個の地域集会は,3人ずつのゴジによって主宰された。…

※「heraðsthing」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

heraðsthingの関連キーワードドイツ電子シンクロトロン研究所電子陽電子衝突型加速器オリンポス十二神

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android