コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子陽電子衝突型加速器 デンシヨウデンシショウトツガタカソクキ

1件 の用語解説(電子陽電子衝突型加速器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でんしようでんししょうとつがた‐かそくき〔デンシヤウデンシシヨウトツがた‐〕【電子陽電子衝突型加速器】

電子陽電子を加速し衝突させて対消滅を起こすことによって生じるさまざまな現象を観測する装置。CERN(セルン)LEP(レップ)ドイツ電子シンクロトロン(DESY)のHERA、高エネルギー加速器研究機構KEK)のトリスタンBファクトリー(KEKB)など。これまではリング加速器が主流だったが、より高エネルギーでの衝突実験が可能になる直線型の線形加速器の開発が進められている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone