電子陽電子衝突型加速器(読み)デンシヨウデンシショウトツガタカソクキ

デジタル大辞泉「電子陽電子衝突型加速器」の解説

でんしようでんししょうとつがた‐かそくき〔デンシヤウデンシシヨウトツがた‐〕【電子陽電子衝突型加速器】

電子陽電子を加速し衝突させて対消滅を起こすことによって生じるさまざまな現象を観測する装置。CERNセルンLEPレップ、ドイツ電子シンクロトロン(DESY)のHERA高エネルギー加速器研究機構KEK)のトリスタンBファクトリー(KEKB)など。これまではリング型加速器が主流だったが、より高エネルギーでの衝突実験が可能になる直線型の線形加速器の開発が進められている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android