sobor

世界大百科事典内のsoborの言及

【ソボルノスチ】より

…19世紀のホミャコーフベルジャーエフなどロシアの宗教思想家に見られた神学思想をいうが,さらに神学の枠をこえ,西ヨーロッパとロシアを識別するロシア民族性の特質とされた理念をもさす。ロシア語のソボルsobor(集い)から派生したことばである。ホミャコーフによれば,ソボルノスチはギリシア語koinōnia(交わり,共同精神)と同じく,キリストと結ばれた人々のあいだの自由な連合ないし共同体的一体性を意味し,初代教会の信者の交わり(《使徒行伝》2‐42)にその原型が見られるとした。…

※「sobor」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android