コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ta panta tapanta

世界大百科事典内のta pantaの言及

【西洋哲学】より

…ギリシアも古典時代になると,フュシスは〈フュシス‐ノモス(人為的な定めごと)〉〈フュシス‐テクネ(技術)〉といった対概念の一方の項として,人為的な制度や技術による制作物と対置される存在者の特定領域,いわゆる物質的自然を意味するようになる。 しかしもっと古い時代には〈フュシス〉は〈タ・パンタta panta(万物)〉という言葉とほとんど同義に使われ,神々や人間やポリス(都市国家)や人為的なもののいっさいを包摂する〈存在者の全体〉を意味すると同時に,そうしたすべての存在者の〈真の在り方〉をも意味していた(物ごとの真の在り方というフュシスのこの古義は,たとえば英語のnatureにも,物ごとの〈本性〉という意味で残響している)。ソクラテス以前の思想家たちは,“フュシスについて”思索しつつ,ありとしあらゆるものをあらしめているその〈真の在り方〉,すべての存在者を存在者たらしめている〈存在〉とは何かを問おうとしていたのである。…

※「ta panta」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ta pantaの関連キーワードクレメンス(アレクサンドリアのクレメンス)シラクーザとパンタリカの岩壁墓地遺跡クレメンス[アレクサンドリアの]ガルガンチュワとパンタグリュエルパンツ・バリエーションコメディア・デラルテパンタナール縦断道路パンタナル保全地域パパジアマンティスド・ジェルドロードパンタナサ修道院バルガス・リョサヘラクレイトスウルバヌス4世トインビーPANTAパンタロンカドリーユパンタル島パンダイ島

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android