コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西洋哲学 せいようてつがく

世界大百科事典 第2版の解説

せいようてつがく【西洋哲学】

〈哲学〉の原語である〈フィロソフィアphilosophia〉という言葉は,古代ギリシアの古典時代につくられたものであり,それがラテン語を経て近代ヨーロッパ諸語にほぼそのままの形で受けつがれてきているのであって,他の文化圏にはそれに当たる言葉は見あたらない。したがって,厳密に言うなら〈哲学〉とは〈西洋〉と呼ばれる文化圏の,しかも特定の歴史的時代に固有の特殊な〈知〉の在り方である。〈インド哲学〉〈中国哲学〉といった呼び名は,おのれの文化のカテゴリーでもって他の文化をも裁断しうると考えるヨーロッパ人の中華思想の表れであるか,あるいはきわめて粗雑な類比にもとづく命名でしかない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

西洋哲学の関連キーワードシャリーアティー アリーレオン ブランシュビクヒルシュベルガーブランシュビク斎藤 龍太郎松浪 信三郎プラトン主義須田 豊太郎阿藤 伯海佐藤 賢順中島 力造安部 民雄上月 乙彦橋本 峰雄三輪 享良場所の論理日本道徳論服部宇之吉花田 圭介西田幾多郎

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西洋哲学の関連情報